【疑問】Go To トラベルキャンペーンてなに?⇨早速つかったのでレポートします!

旅行

Go To トラベルキャンペーンって何?

旅行好きの私には良いらしいけどよくわからない…

編集長
編集長

あ、ぼくそれ早速使いましたよー!

ソッコー調べたけど最初よくわかりませんでしたw

詳しくなったので教えますね。

どうも、編集長のひらじまです。

旅行好きなのでGo To トラベルキャンペーンが解禁になって速攻で予約しました。

調べて詳しくなったし、せっかくなのでよくわからない人の手助けになればと思ってシェアさせていただきますね!

いつから?

Go To トラベルキャンペーン7月22日(木・祝)から開始が決定!
予算は約1.1兆円。期間満了もしくは予算がなくなり次第終了(〜2021年春ごろ終了予定)

ということは、早い者勝ちのこのキャンペーン。

しかも「連泊制限や利用回数の制限なし」と公式にうたわれています。

何泊でも、何回でも補助が下りるんです!

旅行好きな人にとっては最高のキャンペーンですね。

条件は?

(観光庁HP「Go To トラベル事業の概要」

何のこっちゃ?よぉわからん。

というのがぼくの最初の感想だったので、例を交えます。

例えば、ぼくがとある旅館に泊まったとします。

その宿は1泊一人あたり20,000円です。

そうなると一人あたり半額の10,000円分が補助されます。

それだけ。

イメージ図はこちら。

(観光庁HP「Go To トラベル事業の概要」
(観光庁HP「Go To トラベル事業の概要」

「7割が旅行代金、3割が地域共通クーポン」というのは、補助のされ方の違いだけです。

要は「7割は旅館に、3割を旅館近くの商店などに還元する」という事業者側の話。

旅行にいく側のぼくたちは「2万円の宿泊費には、1万円分の割引が受けられる」というシンプルな理解で問題ありません。

ただし、1泊3万円でも割引は1万円分が上限だし、1泊1万円なら5千円分が割引ということです。

※クーポンに関しては注意点があるので、それは後ほど書きますね。

どこでできるの?

旅行代理店もしくは宿泊施設です。

ぼくは旅行代理店に真っ先にいって予約しました。

理由は「この時期はまだ宿泊施設は対応が遅れるかも」と思ったから。

では、仮にあなたが旅行代理店で予約をするとします。

7/22の1泊2万円ですね。

「宿泊代金の上限2万円」を根拠に「50%分」の補助金が出るので、先ほどの図を元に計算するとこうなります。

宿代:2万円の35%なので、「7,000円引き」の13,000円を払う

クーポン:2万円の15%なので、「3,000円クーポン」が配布

合計で10,000円分の補助。

こういう理屈です。

注意点

  • クーポンの配布が9月以降になる
(観光庁HP「Go To トラベル事業の概要」

え?って感じですが仕方ないですね。。。

いろいろ間に合ってないみたいです。

要するに、17/22〜8/31までにこのキャンペーンを利用した場合、最大2万円の宿泊費に対して7,000円までの補助がされるということです。

クーポンの最大3,000円分は9月以降におあずけですね。

  • 旅行の時期によっては補助金が後から返還される
(観光庁HP「Go To トラベル事業の概要」

7/22~26の4連休の期間に旅行する場合は、旅行者自身が事後に申請して補助金をゲットできます。

申請の方法は観光庁のHPにあるのでそちらで。

また嬉しい注意点ですが、すでに7月22日以降の旅行を予約している人も、旅行後の申請により割引分を還付してくれます。

こちらも詳しい方法は事務局が整った後に観光庁HPで調べましょう。

まとめ

1泊2万円以内の宿を7/22〜宿泊すれば、予算と期間の許す限り何度でも半額分割引される、旅好きにはサイコーな事業ということです。

観光庁サンキュー!なわけですが、そうでもして消費を刺激しないと本当に地域経済が壊滅的だということの裏返しなわけですね…

そして、そこにはコロナの脅威が常に潜んでいて、都市から地方への人の移動は必ず発生するわけです。

ぼくももちろんそうですが、くれぐれも感染の疑いがある状態で旅行なんかに行ってはいけません。

自分が感染させるかもしれないし、人から感染させられるかもしれない。

お世話になった旅館のおっちゃんおばちゃんが自分のせいでコロナになった…とかなったら、ぼくならめちゃくちゃ後悔します。

その責任は大人としてしっかり果たしたいとぼくは思います。

「4日前まではキャンセル費用なし」などの旅行会社もあったりするので、自分の体調をみながら冷静に判断しつつ、地域経済にしっかりお金を落として経済を盛り上げていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました